~ しみずの福祉の中心に ~

イベント報告
トップページ > イベント報告 > みなとふれあいセンターイベント報告【令和2年度】

 イベント報告

みなとふれあい
ひびきワーク
うみのこセンター
うしおワーク
うなばら学園
なぎさホームわだつみ

みなとふれあいセンター_アイコン

みなとふれあいセンター【令和2年度】



新型コロナウイルスに関する県外移動等の自粛について(お願い)



2020年9月2日
 
    詳細はこちら 
    


令和2年度静岡市要約筆記者養成講座(前期)受講生募集!!



2020年8月26日
 静岡市主催の「要約筆記者養成講座」開催要綱のご案内です。
 要約筆記とは、話を分かりやすく要約し、その場で難聴者・中途失聴者へ文字にして伝える通訳のことです。講座終了後は、難聴者・中途失聴者の通訳者として活躍していただきます。派遣内容は、医療機関への受診時、市役所等での相談手続き、町内会の会合等地域活動、学校の面談、その他、個人の生活に関連する際、現地へ出向き要約筆記者として通訳していただきます。

開催要綱はこちらをクリックしてください
    
詳細はこちら
 
    


トライアルスポーツ(障害者スポーツ体験)開催のお知らせ



2020年8月26日
 
    詳細はこちら 
    


新型コロナウイルス感染症拡大地域への移動の自粛について(お願い)



2020年8月6日
 
  詳細はこちら   
    


単発教室「のびのび体操」を行いました!


 2020年7月20日
DSC06134

DSC06140
 7月20日(月)単発教室「のびのび体操」を行いました。先月に引き続き、マットピラティス講師の藤田様を招き「1cm長く伸びてみよう」をテーマに、今回はボールを使った体操を行いました。
 まずは、口元の筋肉を鍛える「あ」「い」「う」「べ」体操。口を大きく開く「あ」、口を横に広げる「い」を行いながら、口呼吸を鼻呼吸に改善することで、アレルギー症状、呼吸器の病気、うつ病(こころの病気)便秘にも効果があり症状が改善されることがあるそうです。顔がほぐれたところで、ボールをお腹やわき腹に挟み、鼻呼吸を意識しながらゆっくり深呼吸。次は背中に挟み肩甲骨を広げる体操。「1回目よりも1cm長く伸ばす意識」をすることで、普段使われていない筋肉をほぐしていきました。毎日1人で10回行うことは大変ですが、今日教えていただいた体操を1日3回でもよいので行ってみてください、とのこと。少しずつですが、継続することで健康に過ごせれば良いですね。


単発「リハビリ教室」を行いました!


 2020年7月17日
DSC06113

DSC06123
 7月16日(木)本館1階創作室にて「リハビリ教室」を行いました。静岡市立清水病院リハビリテーション技術科理学療法士の澤野先生を講師に招き、「転倒予防~転倒しないためには~」についてお話していただきました。体の構造のお話や、歩き出す前の運動、肩甲骨のストレッチ、腹筋やおしりの筋力アップを行い、肩甲骨を動かし柔軟にすることで、体のバランス機能が高まり、転倒予防に繋がることを学びました。次回令和3年1月は「体力づくりについて~日常に必要な体力とは~」をテーマにご指導いただく予定です。
 みなさん、是非ご参加ください。


トライアルスポーツ(障害者スポーツ体験)開催のお知らせ


 2020年7月7日
 


 
        詳細はこちら   
    


単発教室「ミニゲーム大会」を行いました!


 2020年6月22日
DSC06055

DSC06063
  
 6月15日(月)事業団多目的ホールで「ミニゲーム大会」を行いました。16名の参加者は、くじ引きで4チームに分かれ、3種類のゲームに挑戦しました。ペタボード、バルバレー、フロアカーリング、全ての種目が初めて行うものばかり。中でも大きな風船を使ったバルバレーでは、幻のサーブやブロック等が飛び出し、白熱した試合となりました。みなさんのガッツポーズや悔しさの中で、たくさんの表情をみさせていただき、職員は明日の元気をいただきました。
優勝は、笠巻施設長率いる「ゆうちゃんチーム」
おめでとうございました!!



単発教室「のびのび体操」を行いました!


 2020年6月11日
DSC06012

DSC06020 
 6月8日(月)単発教室「のびのび体操」を行いました。久しぶりに仲間と会えたことの喜びで、満面の笑みを浮かべながら会話をしている様子は、見ている職員も心が癒され、教室が再開出来たことに「ほっ」とした瞬間でした。
 今回は、マットピラティス講師の藤田様を招き「1cm長く伸びてみよう」をテーマに、顔の体操から始まり、ひもを使ったのびのび体操等をご指導いただきました。気持ちがいいところまで体を伸ばし、そこから更に1cm伸びるイメージで取り組みました。徐々に体もほぐれ「朝まで痛みのあった箇所が軽くなった」「気持ちよかった~」等の声が聞かれ、また、仲間との会話も弾み、心も体も健康になりました。
 好評につき、令和2年度第2弾の「のびのび体操」は、7月20日(木)10時より行いますので、是非ご参加ください!!



新型コロナウイルス感染症対策について(お願い)


 2020年6月11日
 


 
        詳細はこちら   
    


感染症対策に伴う今後のみなとふれあいセンターの活動について


 2020年4月21日
 





   

  令和2年4月21日
みなとふれあいセンターを利用する皆様へ

静岡市清水みなとふれあいセンター
施設長 笠巻 寛子

感染症対策に伴う今後の活動について(お知らせ)

 新年度を迎る中、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、活動の縮小や感染防止対策を考慮し事業を行ってきましたが、4月16日全国に緊急事態宣言が発令され、静岡県においても「緊急事態措置を実施すべき区域」に指定された為、みなとふれあいセンターをご利用される方々への影響を考慮し、令和2年4月18日から当面の間、教室を休止させていただくことになりました。
 なお、電話でのご相談等は受け付けておりますので、心配がある方はご連絡ください。
 事業の再開につきましては、状況をみながら判断させていただき、利用者様に個別に連絡させていただきます。
皆様におかれましては、体調に充分ご注意いただき、感染予防に努めていだけますようお願い申し上げます。


新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に伴う4月の活動について


 2020年4月13日
 





   

  令和2年4月13日
みなとふれあいセンターを利用する皆様へ

静岡市清水みなとふれあいセンター
施設長 笠巻 寛子

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に伴う
4月の活動について

 4月より、3つの密を避ける配慮をしながらみなとふれあいセンターの活動を再開し、教室を実施しております。
 しかしながら、4月7日に緊急事態宣言が発令され、静岡市でも新たな感染者が確認されている中、4月に開催予定である水泳教室は「密閉空間(更衣室)」「密接場面」、吹矢教室は「密接な接触(吹矢を多人数で使用)」という場面が避けられない為、中止とさせていただくこととしました。
 また、陶芸教室、ペン習字教室においては「密集、密接場面」を避ける為、グループを2つに分け活動を行うこととしました。
 5月以降の活動につきましては、感染症関連の情報収集に努めながら、判断をさせていただきたいと考えております。
教室に参加される皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解頂きたくよろしくお願いいたします。


新型コロナウイルス感染症への対応について



 2020年4月2日
 





   

  新型コロナウイルス感染症については、静岡市では、感染者が増加している状況ではないものの、首都圏や全世界で感染が拡大しており予断を許さない状況が続いています。
 みなとふれあいセンターでは、4月1日から事業再開となりましたが、感染拡大防止のため、下記のとおりご協力をお願いします。
             記
1 健康状態に充分留意し、発熱(目安37.5℃以上)、風邪症状がある場合は、参加を取り止め自宅療養をお願いいたします。(ご参加前に検温をお願いいたします。)
咳などの症状が続く場合は、保健所、医療機関に電話で相談し指示に従ってください。万が一ご自身が新型コロナウイルス感染症に感染した場合は、みなとふれあいセンターまでご連絡をお願いいたします。
 また、解熱した場合であっても、解熱後24時間以上が経過、呼吸器症状が治まるまでは参加は、控えてください。
2 新型コロナウイルス感染症に罹患した患者と濃厚接触があった場合は、症状がなくても参加を控えていただき、その旨みなとふれあいセンターまでご連絡お願いいたします。
3 外国等に渡航予定がある方、上陸拒否対象地域等から帰国した同居の家族がいる場合は、その旨をご報告お願いいたします。
4 教室参加に当たっては、手洗い、アルコール消毒、咳エチケット(マスク着用)にご協力ください。
 また、換気のため窓や戸を開放しますので、寒さが心配な方は、防寒の準備をお願いいたします。席の配置は、可能な限り間隔を1m以上とする等の対策を行う予定ですのでご協力お願いいたします。





【平成31年度イベント報告はこちら】

みなとふれあいセンター_アイコン

【平成30年度イベント報告はこちら】

みなとふれあいセンター_アイコン